噛み合わせの悪い状態からくる症状に頭痛があげられます
 咀嚼は脳に刺激を与える。その刺激の本質は何かということです。これは生理学だとか解剖学では、それぞれの観点で解釈も変わってきます。
 わたしたち歯科からのアプローチとしては、ひとつに噛む力による物理的な刺激があります。
 噛むということは、まず歯に直接刺激が加わる。それが砕かれることによって、その歯の刺激は歯の歯槽骨、骨に伝わる。ガンガンガンガンと伝わると、今度は直接伝わるので、歯槽骨の周りに歯根膜という膜があって、そこで緩衝をしているのです。だから力はある程度抑えられた形で伝わるのですが、これが物理的な刺激です。
 あともうひとつ物理的な刺激は、噛んだ力はどこで受けているかというと、これは左右の顎関節と28本全ての歯の回りにある歯根膜にかかっています。
 顎関節は、2つの関節が左右協調して動くような構造になっていて、正常な時、片方で噛んでいると、片方が牽引側になって、付随して動くわけです。ですから片方が作業側で片方が牽引側でという状態がずっと続いていると、これまたいけないということになります。
 もうひとつ、なんで脳に関係するかというと、その刺激は当然物理的刺激として、関節頭から、側頭骨を直接叩くわけです。これも叩かれると困るので、関節円板というのが中に介在しています。顎関節症になって来ると、逆に関節円板に破壊が起こって来ます。
 それともうひとつ大きなのは咀嚼関連筋。これは収縮運動、あるいはその収縮による血流排除運動、それで脳内血流が変わってくるといわれています。このエビデンスは、名古屋大学の上田教授のデータで「MRIで見ると脳血流が変わっている」というデータもありますし、あるいは、われわれの仲間で東北大学の渡辺誠先生のところでは、「東北地方のある村では老人が多く住んでいて、そのなかの老人でも歯がある人と歯がない人がいますが、それで同じような食べ物を食べているので、同じような疾患になるのか」ということで研究をはじめたわけです。そうしたら、やっぱり、歯がある人はない人に比べて痴ほうが少ないというMRIのデータの結果が出て来ています。