HOME > 前後噛み合わせ偏位 > 前後噛み合わせ偏位ー症例から


Sさん 40歳代・男性の場合
 銀行員のSさん(40歳代・男性)が、来院されたきっかけは、口を開けようとした時に左のあごに痛みを感じ、その時から口が大きく開けられなくなり、いわゆる顎関節症の症状がでたためでした。
 初診時の口の中の状況は、左右小臼歯部にむし歯があり、大きな穴があいていました。また、前歯の歯並びも悪く、左右の奥歯でしか噛むことができない状態でした。
 それまでの症状を聞いてみると、頭痛があり、同時にひどい肩こりで首のまわりから背中にかけて、たえず誰かをおぶっているような重さを感じるということで、2日に一度は整形外科で牽引治療を受け、週に一度は、マッサージに通っているほどだったのです。
 首の可動範囲の検査や腕の運動機能検査を行った結果でも、その状況が判定できるほどで、聴力による値は左右ともに低い音が聞こえにくい状況にあることがわかりました。
 口の中の状況から、左右小臼歯部のむし歯がしみるなどの原因で、前歯、小臼歯部で噛むことができなく、もっぱら奥歯で噛んでいたのです。
 治療では、まず、むし歯の治療を行い、前歯、小臼歯でしっかり噛める状態にして、左右および前後で均等に噛めるかみ合わせトレーニングをはじめました。
 歯の状態やかみ合わせの状況がよくなるにつれ、いままで悩んでいた、頭痛、肩こりの自覚症状が減少しただけでなく、聞こえにくかった左右の低い音が正常レベルにまで回復してきました。  そして、週2〜3回の首の牽引治療も間もなく必要なくなるほどに改善しました。
 現在、その頑固な肩こり、頭痛と決別して、10年近くになりますが、かつてのそれらの症状が出ることはないそうです。